不動産担保ローンを最大限上手に利用して不動産投資をおこなっています

不動産投資には最初に手に入れる物件が大事

一方いくら新築でも最初の借り手以外は中古の物件となってしまうため、不便な場所では借り手が途切れてしまうと考えたのです。
私の考え方はお陰様で大当たりになり、これもカリスマの叔父の真似をしたからに違いありません。
ともかく最初の物件さえ手に入れてしまえば、次の物件はそれを元手に不動産担保ローンを用意できます。
そして2件目の次は3件目というように、購入する物件さえ間違えなければどんどん雪だるま式に儲けが増えていくといっても過言ではありません。
しかしその逆にはじめの物件でつまずくと、残念ながら手間取ってしまって好機を逃してしまうのです。

だからこそ一番始めに手に入れる不動産はとても重要なものであり、あとあとそれに上手く続けられるかどうかの分かれ道ともなるのです。
私の場合にはその道の大家といえる叔父が指南役になってくれたので、相談して成功につながったともいえるでしょう。
だからといって叔父はこれにしろとかあれにしろとか、実際は私に指図をしたのではありません。
叔父の考え方として私に物件を見極める才能がないのであれば、教えても無駄だと思ったからだそうです。
何にでも多少の才能が必要なように、努力だけでは出来ないこともあるというのが叔父の持論です。

叔父に習って不動産担保ローンで不動産投資をするように不動産投資には最初に手に入れる物件が大事高収入を得るには不動産担保ローンを活用しての不動産投資が近道銀行で不動産担保ローンを融資してもらった時の体験談