不動産担保ローンを最大限上手に利用して不動産投資をおこなっています

叔父に習って不動産担保ローンで不動産投資をするように

叔父に習って不動産担保ローンで不動産投資をするように不動産投資には最初に手に入れる物件が大事高収入を得るには不動産担保ローンを活用しての不動産投資が近道銀行で不動産担保ローンを融資してもらった時の体験談

不動産担保ローンは多くの方がご存知のように、担保となる不動産があることを前提として借り入れるローンなので一般的には金利が安いことがメリットとなっています。
実は私の叔父は不動産担保ローンを利用して、一介のサラリーマンでありながら給料以上の生活をしたり資産を持つようになったりしていることで親戚の中でも有名なのです。
叔父は高卒ながらとても頭の良い人で、どの不動産に投資をすれば儲かるかを見極める素晴らしい眼力の持ち主です。
そこで私も叔父に習って不動産担保ローンでお金を借り入れながら、上手に不動産投資をするようになりました。

アメリカなんかはテラスハウス融資も普通にするし、例えば残債1億評価1.5億なら「借り換え1億+5000万現金融資」みたいな手法もメジャーなんだって。

不動産担保ローンではなく。
日本あんのかな?
国で不動産の仕組みも違うけど、融資姿勢も違うのは面白いね。

— はと🐦ようすけ (@jounetu2sen) 2018年11月27日
確かに最初は不動産を所有していなかったので通常の住宅ローンを借り入れて、これはと思う物件を購入してそれを賃貸として賃料や給料やボーナスなどで返済しました。
そしてその物件の返済を出来るだけ早めに終わらせることで、それを担保としてローンを組めるようになったのです。
私の考え方としては、初めて購入する物件は便利な立地にある誰もが借りたい場所の中古でした。
新築の物件は元手がほとんどない私にとっては、高額すぎると考えたために中古にしたのです。
中古であっても借り手がいつでも途切れずに借りてくれるような場所であれば、空き家にならないので常に賃料が入ってきます。

不動産担保ローン | 不動産担保ローン | オリックス銀行